【実話だからリアル!】U-NEXTで視聴できる実話ベースのおすすめ邦画

「実話を基にした映画」といえば、最強のふたりやボヘミアン・ラプソディーといった洋画が大人気ですが、実は邦画にも実話ベースの面白い映画があるんです。

日本で起きた事件・実話をもとにした映画を視聴したい!

そんなときには、日本で起きた事件・実話をもとにした映画をチョイスしてはいかがですか?

【U-NEXTで視聴可能な実話映画①】万引き家族

実際にあった、親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていたある事件が題材

万引き家族のあらすじ

再開発が進むなか、ポツンと残された古い住宅街。そこで暮らす日雇い仕事の父・治と息子の祥太は連携プレーで万引きに精を出していた。その帰り道、団地の廊下で凍えている幼い女の子を目にした治は思わず家に連れて帰ってしまう。突然、子どもを連れてきた夫に腹をたてる信代だったが、傷だらけのゆりの境遇を察し、面倒をみることにした。

祖母・初枝の年金を頼りに暮らすその一家は、風俗のバイトをしている信代の妹・亜紀、そして新しい家族のゆりも加わり、貧しいながらも幸せに暮らしていた。しかし、ある事件をきっかけに家族の隠された秘密が明らかになっていく…。

万引き家族の見どころ

今作は家族のあり方や生き方、子供の虐待や貧困からくる教育格差、年金の不正利用、DVなど、社会で起きているさまざまな問題を集約させている作品です。
血の繋がりはなく、貧しくても情だけはある家族は、子供たちにとって本当の居場所だったのかもしれません。

しかし、居場所を失った彼らが、家族として一つの屋根の下で生活をシェアしている。社会にある死角のような問題をリアリティに描いた世界観に引き込まれるいこと間違いなしです。

ある一家の秘密が紐解かれていくうちに、未体験の心の震えが押し寄せる衝撃の感動作

カンヌ国際映画祭に出品されたこともあり、公開前から日本中で話題となっていた今作。万引き、という非合法な手段でしかつながることのできない疑似家族の日常にスポットを描き、代社会の孤独と閉塞感をあざやかに描き出しています。

カンヌ国際映画祭・コンペティション部門に出品された本作は、今村昌平監督の作品「うなぎ」以来21年ぶりとなるパルムドール賞を受賞したことでも話題になりました。

【U-NEXTで視聴可能な実話映画②】葛城事件

「附属池田小事件」が題材、殺人犯とその家族の闇を描き出す衝撃作

葛城事件のあらすじ

大きな一軒家にひとりで住む葛城清(三浦友和)。そこはかつて美しい妻の伸子(南果歩)とふたりの息子、保(新井浩文)と稔(若葉竜也)の 4人で暮らしていた家でした。父から受け継いだ小さな金物屋で懸命に働き、手に入れた幸せな家庭とマイホーム。

理想的な人生を歩んでいたと思った清でしたが、ある日次男が無差別殺人事件を起こしてしまったことで、次男は死刑囚となってしまいます。
幸せな生活が一転し家庭は崩壊してしまうことに。そんな折、死刑囚となった服役中の次男と獄中結婚したという星野という女性が突然家にやってきますが…

葛城事件の見どころ

自己中心的で常に高圧的な父親の清。一見理想的な家族でありながら、父親の抑圧的な支配が家族を思考停止人間に変えていってしまう。
そうした状況は、やがて次男が無差別殺人を引き起こすという大きな悲劇を招くことに繋がります。
ただでさえおかしかった葛城一家の生活は崩壊し、死刑囚となった次男と獄中結婚する「嫁」まで現れ、壮絶な事態へと突入していくことになります。

幸せな家庭とマイホーム。しかしこの家族、どこかおかしい

今作のキーマンとなるのが三浦が演じる威厳を保ち高圧的な態度で振舞う父親。実際に作中では「俺が一体、何をした」というキャッチコピーに主人公のすべてが映し出されています。誰かがではなく誰もが加害者であり被害者。実在に起きた凶悪事件をもとに製作されていますが、今作に限っては後味が悪く、人によっては苦手という意見も多いです。

決して万人におすすめできる内容ではないので、この一家の結末を知りたい方は、覚悟して見ることをおすすめします。

【U-NEXTで視聴可能な実話映画③】南極料理人

南極観測隊員のエッセイ「面白南極料理人」をもとに映画化

南極料理人のあらすじ

海上保安庁の所属隊員である西村(堺雅人)は怪我を負った同僚の代わりに南極観測隊員のメンバーとして、昭和基地からさらに遠く離れた南極ドームふじ基地に派遣されることに。
単身赴任先は標高3810メートルという環境で、ペンギンやアザラシといった動物はおろか、ウイルスさえもいない氷点下54℃以下の壮絶な環境でした。そんな環境下で唯一料理人として派遣されている西村は限りある食料と調理場で奮闘していくことになります。

南極料理人の見どころ

海上保安官として実際に南極地域観測隊に参加し、実際に越冬を経験した西村淳原作のエッセイ「面白南極料理人」を原作に、様々な役に変化し続ける俳優・堺雅人を主演に映画化。
極寒の環境下に佇む基地内で共同生活を送る8人の男性たちがそれぞれの仕事に取り組みつつも、ときには喧嘩をして一緒に酒を飲み、まるで家族のように食事を囲んでいきます。
約1年半、遠く離れた日本に家族を残し、隊員たちは悪戦苦闘しながらも次第に絆を深めていくストーリーに心温まる作品となっています。

南極を舞台に毎日美味しく楽しめる料理作りに奮闘

担当の西村は隊員たちを少しでも喜ばせようと毎日試行錯誤して、いろんな美味しい料理をつくります。それを本当に美味しそうに食べる隊員達。
特に極寒という環境下での料理は本当に美味しそうに見えます。
ある種、今作は飯テロ作品の部類でもあるので、視聴した後にはごはんがより一層美味しくなること間違いなしです。

【U-NEXTで視聴可能な実話映画④】クライマーズ・ハイ

1985年、御巣鷹山で日航機が墜落。航空史上最悪の犠牲者数となった事故

クライマーズ・ハイのあらすじ

クライマーズ・ハイは実際に起こった日本の航空事件、123便墜落事故をもとにつくられています。原作である小説は数々の賞を受賞し、ドラマや映画化がされました。

御巣鷹山の航空機事故といえば、当時を知らない人でもご存知の方は多いのではないでしょうか。
1985年8月12日に大阪から離陸わずか12分後、高度7,200mに達した辺りで航空機の姿勢制御が不能となり、32分間の迷走飛行の後に群馬県上野村御巣鷹山に衝突。乗員乗客524名のうち520名が死亡する航空機の単独事故としては世界最大規模のものとなりました。

クライマーズ・ハイの見どころ
群馬の地方新聞社に勤める悠木和雅(堤真一)は、御巣鷹山で起こった日本史上最大のジャンボ機事故の全権デスクを任されることに。
他社との争いのみならず社内の派閥にも圧力を受けたり、報道のあり方に葛藤しながら、「いち早く正確な情報」を国民に届けるべく狂奔する…というお話になっています。
クライマーズ・ハイは事件ではなく事故がベースの作品ですが、報道の現場を通してプライドや嫉妬、対立などリアリティのある人間模様を描いています。

未曾有の大惨事をめぐる様々な人間模様を緊迫感と情感あふれるタッチで描く

テンポよく描かれるドラマティックな展開に見入ってしまう作品であり、暴力性や恐怖感がなく、「怖いのはちょっと…」という方にもおすすめできる作品です。

以上が「【実話だからリアル!】U-NEXTで視聴できる実話ベースのおすすめ邦画」のご紹介でした。
実話ベースであれば作品のリアリティも生まれ、当時の事件や事故について知るキッカケにもなります。
いずれもおすすめの作品なのでU-NEXTで是非視聴していただければと思います。